寒くなってくるとだんだん女性は冷え性でつらい方が

増えてくるんではないでしょうか?

 

冷えはさまざまな体の不調の原因だったりします

 

先日、君島十和子さんがテレビに出てあるときに

いわれていましたが 血行が悪いのは、悪ですってw 断言されていました

 

ですので君島十和子さんは夏も腰などにホッカイロ等をはっているそうですよ

 

とにかく体が冷えて血行が悪くなると老けるわ体の不調がでるわで

いいことはないんですねですのでしっかり冷え対策を

甘く考えずにやっていきましょう

 

とにかく冷えない体を作っていくことが大事なんですね

 

体を温める食べ物を食べる

考え方として

体を温める食べ物

塩気、苦み、渋みがあるもので寒い地方でとれるもの

 

体を冷やす食べ物

糖質を多く含んでいるあたたかい地方でとれるもの

 

こうやって考えるとやはり自然って上手にできていることがわかりますね

 

寒い地方は自然と体を温める食べ物が多く生産できる地域ということです

逆にあたたかい地方は体があつくなるので冷やしてくれるものがとれるんですね

 

即効性がある体を温める飲み物が紅茶です

 

紅茶にしょうがをすっていれて、純度の高い黒糖を入れるんです

黒糖は体に良い糖分なので摂取するなら黒糖をおススメします

 

私は年中体を冷やさないように、温かい飲み物をのむように していますが、

紅茶にしょうがと黒糖を入れた飲み物は おいしいし、

本当に体を温めてくれるので重宝しています

 

でも生のしょうががいつも自宅にあるとはかぎらず

ちょっと切らしたりしたら飲めないので何かいいものはないかと

なやんでいたところ、

こちらを見つけたのでありがたかったですね

しょうがも黒糖も国産で安心の材料を使っているので てばなせませんね

 

 

 

ビタミンB,C,Eを不足しないように摂取することも大事です

ビタミンEは血行を改善して女性ホルモンのバランスを調整する働きもあるんですね

 

ナッツ類やアボガドに多くふくまれています

アボガドって女性は好きな食品なので摂取しやすい食物ではないでしょうか

 

ストレスやたばこでビタミンCは多く消費されますので

そういう場合は50mgより多く摂取しましょう

 

頭の中にいれていただきたいのは精製されたものって

やっぱり ビタミンやミネラルが少ないんですね

 

例えば白砂糖より黒砂糖

白米より玄米のほうが栄養素が高いということです

 

きれいにされたものは実は必要な栄養源まで

そぎおとされちゃっているんですね

 

食事をすると体があたたまりますよね

 

体が食べ物を消化・吸収するときに体がエネルギーを発散するからなんですが

実は栄養素によってこの消費するエネルギーってちがうんです

 

タンパク質は30% 炭水化物10% 脂肪3~4%なんです

 

このことから見てもタンパク質を摂取することで

体を温める効果があるということです

 

タンパク質は大豆製品や乳製品や肉や魚ですね

 

ダイエットもしてるし食べるものが・・・と気になる方は

摂取するものを少しきをつけたらいいと思います

 

上記で説明した紅茶は甘みもあり満足できますよ

 

そして私がよく利用している大豆があるんですが

ちょっと小腹がすいたときにポリポリ食べているんですがおいしいです

 

 

あとビタミンって食物で摂取するのってかなり野菜や果物が

必要になってきますよね

 

もちろん、まずは野菜などでビタミンを摂取することは忘れないでください

 

でもそれでも足りない分はやっぱりサプリメントにたよらないと

いけない面が でてくるんですよね

 

風邪をひいたときにもビタミンは必須です

口内炎ができたときもビタミンは必須です

 

結構ビタミンっていろいろな場面で必要な栄養素になります

 

じゃあサプリメントでビタミンを摂取しよう!って

思ってもなかなか 種類が多すぎて選べないし

ビタミンC,B,Eをそれぞれサプリメントで 購入していたら、

お金がいくらあっても足りません・・・

 

そこで私が利用しているマルチビタミンのサプリメントがこちらです

 

 

3か月分で1,260円なんですよ もう~ありがたい限りです

これはリピしまくってますね

口コミも見て頂けると好評なのがわかると思いますよ

スポンサーリンク